Okinawa Airport Shuttle

【新たな空港高速バス「沖縄エアポートシャトル」で行く北部・西海岸の見どころ】

沖縄エアポートシャトルで名護へ! 北部観光の拠点となる「名護」で遊ぼう!道の駅許田はおいしいものの宝庫!

名護は、沖縄本島北部の旅の拠点となるところです。那覇空港から名護市役所前まで、沖縄エアポートシャトルでほぼ2時間。古宇利島や国頭村、東村、大宜味村方面に行くには、ここでローカルバスに乗り換える必要があります。

もちろん、名護自体にもたくさんの見どころがあります!

名護の中心部からローカルバスに乗って15分ほどのところにある道の駅許田もその一つ!

海に面した国道沿いにあります。ここでは美ら海水族館などの割引チケットも販売されているので要チェック!

どこもかしこもおいしいものだらけ!

ハンバーガーや各種おにぎりはじめポーク卵おにぎり、アグー豚のコロッケやメンチ棒、タコスボールなどがずらっと並んでいて目移りします。

沖縄を代表するスイーツ、サーターアンダーギーも揚げたてで売られています。外はサクサク、なかはしっとりでホカホカのサーターアンダーギー。いろんなテイストのものがあるほか、「三矢の黄金ボール」というタピオカ入りのまんまるなものは、もちもちした不思議な食感です。

ちなみに店内にもさまざまなスイーツが。いまいちばん人気はチョコもち!タピオカを使ったモチモチしたお菓子で、道の駅許田限定販売!!木曜日以外は店内の工場で製造過程を見学することもできます。

道の駅許田でしか売られていないというブラウンシュガー。今帰仁産の黒糖をつかって、昔ながらの直火で丁寧に煮詰めていく製法で作られているとか。深みのある味が癖になります。

その他にも、沖縄ならではの食材や調味料!!

島バナナも沖縄ではぜひ味わいたいものの一つ!

左党のみなさんにはたまらないコーナーも、もちろんあります。

さらにイートインでは、沖縄そばやタコライス、鉄板焼きステーキなど、沖縄テイストの食事もできます。

タコライスを食べました!おいしかった!!

お腹いっぱいになって、お土産を買って帰途に。道の駅許田にまだまだ続々とお客さんがやってくるようすを眺めつつバスを待ちます。

振り返ると海。海の向こうに名護の市街地がみえます。

まだまだ、名護を味わいつくしますよ!

旅の情報

◇道の駅許田への行き方◇
沖縄エアポートシャトルに乗車、“名護市役所前”で下車。
名護市内(名護市役所前から最寄りは“北部合同庁舎前”)から沖縄バス120番名護西空港線乗車、“道の駅許田”で下車。
上り下りとも本数は決して多くないので、帰りの時間もチェックしておくことをお勧めします!

■沖縄エアポートシャトル
那覇空港と沖縄美ら海水族館までを2時間半で結ぶ、高速バスです。
ちなみに、この高速バスを使うと那覇空港から名護市役所前までは約1時間50分です。
以下のサイトから予約も可能です。
https://www.okinawa-shuttle.co.jp/ 

■バスなび沖縄
ウェブサイト、アプリでローカルバスの路線、時刻、バス停の大体の位置も調べることができます。英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語に対応。
https://www.busnavi-okinawa.com/top/

※記事で紹介した内容は20189月末現在のもので、予告なく変更されることがあります。