2018年開通!沖縄美ら海水族館・本部に行くなら空港シャトルバスが断然便利!

【新たな空港高速バス「沖縄エアポートシャトル」で行く北部・西海岸の見どころ】

沖縄エアポートシャトルで花見に行こう! まだまだある、北部の桜の名所、名護城公園の絶景スポットでのんびりお茶したい!

名護のシンボルのすぐそばでもお花見

日本でいちばん早く桜が咲く沖縄。本部半島の南側にある名護の桜は、八重岳に続いて今帰仁城跡とほぼ同時期に咲き始めます。編集担当のうみは今回、今帰仁城跡、八重岳と並ぶ沖縄本島北部の桜の名所、名護城(なんぐすく)公園に行ってきました。

名護城の桜へのアプローチ方法は2つ。

1つめのルートは、名護市中心部からすぐの国指定天然記念物で名護市のシンボルである「ひんぷんガジュマル」周辺からスタート。ちなみに樹齢300年ともいわれるこのガジュマルの木は、金運アップや勝利運アップ、結婚運アップなどいろんな運気をもらえるのだそうです。

幸地川(こうちがわ)沿いはすでに、桜並木です。川沿いに歩いて行くと名護城公園南口に着きます。201912627日の桜まつりの際には、幸地川沿いに屋台などが並ぶそうですよ。

階段の両側も桜並木です。

名護城が築城された時期は、はっきりとはわかっていませんが、今帰仁城主の弟の居城だったといわれているそうです。名護城には石垣はないのだそうです。でも、山城などで外敵の侵入を防ぐために作られる「堀切(ほりきり)」という構造が残っているほか、陶磁器や石器などが多く出土しているのだとか。

名護城公園南口からの石段は400段以上。その上には鳥居と社があって、そこから桜並木と一緒に街の風景を俯瞰できます。さらに上にも行けますが、徒歩ではちょっと大変かも。

絶景スポットでのんびりお茶を

もう一つのアプローチは、街中からタクシーやレンタカーで名護城公園北口から入るというもの。「名護中央公園天上展望台」あるいは「名護城公園ビジターセンターSubaco」を目的地にするといいでしょう。

うみは名護城公園ビジターセンターSubacoの方に行ってみました。名護市街の名護十字路周辺から、車で10分ほど。

山の斜面に建つおしゃれな建物からは、ふもとの名護市街と名護湾が一望できます。

山側の緑にあふれた風景にも、癒されます。桜の時期にはどんな眺めに!?

Subacoは、木材をうまく使った暖かい雰囲気ただよう内装。

オリジナルのドリンクやスイーツのほか、雑貨、産直野菜なども販売されています。

Subacoのすぐ下が「さくらの園」。いちばんの桜の見どころです。さくら祭りの2日間だけは、名護漁港からシャトルバスが出るそうです。

散策しながらのんびり桜の花を観賞するにはぴったりの場所だと言えます。

Subacoの営業時間は10時~17時。冬場は営業終了からちょっと待つと、すぐそばから美しい日没を見ることもできます。でも、帰りの交通手段は確保しておいてくださいね。ちなみに、もう一つの展望台とともに、夜景も有名なようです。

 

お腹がすいたら名護市営市場へ!

せっかく名護を訪ねたら、お花見だけでなく名護を楽しみましょう。

ひんぷんガジュマル近くの名護十字路には、名護市営市場があります。

近くにはローカルバスの停留所もあるし、徒歩でいろいろなところへもいけるので、旅の起点にもぴったり。事務所でレンタサイクルを借りることもできます。

1階には八百屋さん、魚屋さん、お肉屋さん、2階にはレストランなどが入った、地元の人たちの日々の暮らしに欠かせない市場です。

八百屋さんの店先には、真ん中の黄色くて細長いのは沖縄の在来種「島にんじん」。カロテンが豊富で沖縄では薬膳料理などにも使われるそうです。八百屋さんでは、お惣菜なども売っています。

お魚屋さんでは、お願いしてちょっとだけお刺身を作ってもらいました。水槽に入っているシャコ貝の小さいやつを選んで……

市場の中庭には椅子やテーブルが置いてあり、お店で買ったものを飲み食いすることができます。お刺身も中庭で。「いただきます!」

スムージーとスコーンのお店こもれびでは、いろんな味のミニスコーン詰め合わせと季節限定マンゴースムージーを。

市場の同じ建物には、菓子店も。宮城菓子店ではケーキなどの洋菓子と一緒に、「こんぺん」など沖縄の伝統菓子も作られています。イートインもあるので、お茶と一緒にいただくこともできます。

中庭には、こんなレトロな井戸。

名護でしか味わえないものを味わう

市場の裏の小路は、ちょっとした屋外カフェのようになっています。

パン屋さんの奥にあるのは「イノーカフェショップ」。こだわりの自家焙煎、淹れたてコーヒーをいただけます。

近所の猫も遊びに来ていました。

ベンチで飲んでもよし、宿に持ち帰って飲んでもよし!

市場2階のカフェ・ド・ルイシャンのお薦めはパンケーキ。四角いパンケーキですよ。ふわふわです!日替わりランチとフレンチトーストも人気だとか。

ところで、名護に行ったら絶対に飲むべき飲み物があります。

75ビール(なごビール)」です。

名護に工場を置くオリオンビールと名護十字路商店連合会が共同で開発した、名護でしか飲めないビール!2018106日に解禁され、小売店ではあっという間に売れてしまったそうで。いまは、このポスターが貼ってある飲食店でしか味わえないようです。

市場2階のレストランで、うみもようやく飲めました。苦みのある、味がはっきりした濃いビールでした。いまのところ、売り切れ御免だそうです!

沖縄では市営市場といえば、那覇の第一牧志公設市場とここだけなのだそうですよ。

旅の情報

名護への行き方
沖縄エアポートシャトルに乗車、名護市役所前で下車。

名護城公園ビジターセンターSubacoへの行き方
ひんぷんガジュマルから徒歩の場合、名護城公園南口経由で40分ほど。道に迷わないように気を付けて。名護城公園北口経由のほうがわかりやすい。時間は同じくらい。
車では、10分程度。

名護観光協会 
https://nagomun.or.jp/
(名護さくら祭り201912627日 https://nagomun.or.jp/event/1606/ )

名護城公園
https://www.facebook.com/nangusukupark/

名護市営市場
http://nago-ichiba.com/ichiba/

ジャパンタクシーアプリ 
https://japantaxi.jp/

沖縄エアポートシャトル
那覇空港と沖縄美ら海水族館までを2時間半で結ぶ、高速バスです。
ちなみに、この高速バスを使うと那覇空港から名護市役所前までは約1時間50分です。
以下のサイトから予約も可能です。
https://www.okinawa-shuttle.co.jp/ 

記事で紹介した内容は201812月末現在のもので、予告なく変更されることがあります。